Active X,ADOの活用


 ActiveXは、ブラウザ(=Internet Explorer)という器(うつわ)を利用して、様々な
機能を付加するActiveX Control(=プログラムによる部品)のスクリプトを、HTML
ファイルに書き込み、動作させる仕組みです。
 そしてActiveX Controlの特徴は、ブラウザでスクリプトを読み込むと、そのコントロ
ールをダウンロードするか否かを、電子署名つきの画面で確認します。このコントロール
は、一度ダウンロードするとハードディスクに取り込まれ、蓄積されますので、次回から
は電子署名もダウンロードもありません。
ActiveX Controlには、いくつもの種類が有り、Micrsoft社の「ActiveX ギャラリー」にて確認できます。







■WEBページ技術の変遷

●IE3.0x

 CSSとActiveXをサポート 但し当時はWindows版IEのみ対応。 普及度: 当時WEB制作の主流はMACだったので普及せず ActiveXの技術としては、ActiveXコントロール、ActiveXドキュメント、ActiveXスクリプト等がある。 ・ActiveX Control --- htmlにコンポーネントを埋込み、ユーザーアクションに応える動的WEBページを制作 ・ActiveX Document --- internet配布可能なドキュメント。 対応アプリはWord,Excel,... ・Microsoft Agent --- キャラクタデータと音声合成エンジンを使って動的ユーザーIFを実現する技術 ・CSS       --- Mac版IE5.0,Netscape Navigator 6.0以降対応。

●IE4.0x

 DynamicHTML  ASP [Active Server Pages] *WWWサーバーでscript実行 普及度: IE4.0でセキュリティレベル「中」以下動作のActiveX→ DynamicHTML  CGI →ASP ・DynamicHTML --- Visual効果(フィルタやトランシジョン機能で画像点描)  Document Object Model(DOM)/データバインディング/スクリプトレットの3機能 ・DynamicHTML Object Model --- Dynamicコンテンツ(innerTextやinnerHTMLプロパ ティによりスクリプトでコンテンツを変化させる) この機能は現在、XML-DOMで要素の内容をHTML形式やテキスト形式で表示させる際に使用。 ・ActiveX Control --- DirectAnimation(アニメを実現)          * その後Chromeffectsへ移行(回転する球や光、立方体をXMLで可)          --- TablarDataControlで表データを表示,CSVをソート この機能は「データバインド」と呼ばれ、現在でも表データに広く利用 (XMLではTablarDataControlを使わずに可能)

●IE5.0x

 MSXMLパーサ搭載 ・XMLパーサ --- XMLファイルをPCが理解するように変換するプロセッサ。          MSXMLパーサ3の追加インストールによりW3C仕様のXSL使用可。 ・XML-DOM    --- 検索や抽出機能が可能 DOM(Document Object Model)はXMLファイル内のタグやデータにアクセスするインターフェース仕様。  現バージョンはLevel2, IE5.5はLevel1をサポート。 ・XSL(Extensible Stylesheet Language) --- XMLファイルを別のツリーに変換。 参考●OpenDesign 2001.5[CQ出版]特集:省力化のためのDOMを使ったコンテンツ生成プログラミング Active Server Pagesで活用するXML技法 by Project Kyss/薬師寺国安・聖/







[IE5]ActiveX テクノロジーの概要[1997.7.15 Microsoft]

 ActiveXは、作成した言語に依存することなくネットワーク環境でソフトウェアコンポーネントを相互に動作させることを可能にする標準規格で、開発者やWebページ製作者のためのオープンな統合プラットフォームです。ActiveXを使用すると、マルチメディア効果やインタラクティブオブジェクト、および精巧なアプリケーションをWebページに簡単に挿入することができ、インタラクティブなWebコンテンツの作成が可能となります。

ActiveXの技術としては、ActiveXコントロール、ActiveXドキュメント、ActiveXスクリプト等があります。

●ActiveXコントロール

ActiveXコントロールはWebページやアプリケーションで実行されるソフトウェアコンポーネント(オブジェクト)で、他人が開発したActiveXコントロール(機能)を他の場面で再利用することができます。たとえば、Internet Explorerに含まれているActiveXコントロールによって、複雑なフォーマットやアニメーションを使ってWebページをより強力なものにすることが可能です。
 ActiveXコントロールは、以前はOLEコントロールまたはOCXコントロールと呼ばれていました。
また、ActiveXコントロールの長所として、さまざまなプログラミング言語で開発されたアプリケーション上での使用が可能であることが挙げられます。

 註)さまざまなプログラミング言語で使用が可能な部品で、VisualBasicに代表されるように部品を張り付け、簡単なプログラムを記述することにより開発ができます。特に、アニメーション・オーディオ・ビデオなどのマルチメディアを駆使したプログラムを作成する場合に、簡単に構築することができます。

●ActiveXドキュメント

ActiveXドキュメントにより、Internet ExplorerなどのActiveXをサポートするWebブラウザで、アプリケーションを開くことができます。このとき、各アプリ独自のツールバーやメニューも使用することができます。つまり、Microsoft ExcelファイルやMicrosoft WordファイルなどHTML形式ではないファイルを、ActiveXをサポートするWebブラウザを使って開くことができます。

●ActiveXスクリプティング

ActiveXスクリプティングは、Visual Basic ScriptやJavaScriptなどの有名なスクリプティング言語をサポートします。ActiveXスクリプティングは、Webブラウザまたはサーバー上にある複数のActiveXコントロールやJavaアプリケーションの動作を統合し、機能を拡張するのに使用できます。

●参考

ActiveXって何ですか?







COMとは何か

COMとは「Component Object Model」の略でMicrosoftが提唱するオブジェクト技術です。ActiveXはCOMをインターネットに応用した技術です。

COMの基本はインターフェースです。COMアプリケーションは外部に公開するインターフェースを定義し、それを実装したり利用することによって成り立っています。最近のWindows APIは、COMとして実現されているものが多くなっています。

COMオブジェクトの種類

COMオブジェクトには次のようなものがあります。

インプロセスサーバ ActiveXサーバDLLとも言われます。DLLにインターフェースを実装したCOMオブジェクトです。
アウトオブプロセスサーバ ActiveXサーバEXEとも言われます。プログラム(EXE)にインターフェースを実装したCOMオブジェクトです。アウトオブプロセスサーバのうち、Dispatchインターフェースを実装したサーバはオートメーションサーバと言われます。Excelなどがこれに当たります。
ActiveXコントロール ActiveXコントローラはインプロセスサーバの一種で、ユーザインターフェースを持ち、IEやVisual Basicのフォームなどに貼り付けて使用します。
ActiveXドキュメント IEのクライアント領域全体を占有して動作できるCOMオブジェクトです。PowerPointのプレゼンテーションをIEで表示できるのは、PowerPointがActiveXドキュメントサーバとしての機能を持っているためです。
リモートサーバ DCOM(分散COM)を利用してネットワーク上のリモートコンピュータで使用できるCOMオブジェクトです。









Active Xコントロールを使用するWebページ開発に関するよくある質問[6p]

最終更新:1996年9月3日

●ActiveXコントロールとは何ですか?
開発ツールなどに特殊機能追加コンポーネント。たとえば、株式相場表示機コントロールを使って、Webページに生中継の株式表示機を追加したり、アニメーションコントロールを使ってアニメーション機能を追加したりできます。
現在、1,000以上のActiveXコントロールが市販されているほか、C、C++、次期バージョンのMicrosoft Visual Basic(r)、Microsoft Visual J++(tm)、MicrosoftのVisual Java開発環境など、いろいろなプログラミング言語で作成。

●Netscape Navigatorで、ActiveXコントロールを表示することができますか?
できます。Netscape対応のActiveXプラグインを使うと、Netscape NavigatorでActiveXコントロールを表示できます。このプラグインのベータ版をNcompass Labsから入手できます(http://www.ncompasslabs.com/framed/product.htm)。

●現在ActiveXコントロールを使用してWebページをデザインするために入手可能なツールは?
ActiveX Control Padがあります(http://msdn.microsoft.com/library/partbook/inscript/activexcontrolpad.htmを参照してください)。これを使えばActiveXコントロールを簡単にユーザーのHTML Webページに組み込めます。SoftQuadのHoTMetaL Proも、HTMLページでActiveXコントロールを扱うためのサポート機能があります。数ヶ月間のうちにはMicrosoftとサードパーティからWebページオーサリングツールが多数提供される予定ですが、これらも同様に、ActiveXを使ったWebページの作成をサポートします。

●プログラマでなければActiveXコントロールは使えないのですか?
ActiveX Control Padを使えば、プログラマでない方でも簡単なマウス操作だけで多くのコントロールを挿入できます。

●ActiveXコントロールを含むWebページを作成した場合、ユーザーがそのページを閲覧するとコントロールはどのようにユーザーのマシンにインストールされ表示されるのでしょう?
Internet Explorer 3.0は、ActiveXコントロール(あるいは複数のコントロール)のあるWebページに遭遇すると、まずユーザーのローカルシステムレジストリを確認して、コンポーネントがユーザーのマシン上にあるかどうかを調べます。コントロールがあれば起動、なければインストール。

●ページを閲覧したときに、コントロールが自動的にユーザーのコンピュータへダウンロードされるよう、Webで位置を指定する方法は?
 see original page

●コンポーネントのダウンロードが開始されるとユーザーは通知を受けますか?
●ダウンロードされたコントロールは、どこにインストールされるのですか?
●新しいバージョンのコントロールが作成された場合はどうなるのでしょうか?ユーザーのコンピュータに
以前のバージョンのコントロールがある場合、Internet Explorerが新しいバージョンのコントロールをダウンロードよう判別する仕組みはどうなっているのですか?
●ActiveXコントロールのライセンスはどうなっていますか?
一度ユーザーがコントロールをダウンロードすると、そのコントロールはユーザー自身のWebページでも使用することができますか?
Visual Basic 4.0付属のコントロールを含む、いくつかのコントロールがInternet Explorer 3.0でWebページに表示できません。
●現在Microsoftから入手できるコントロールは?
ActiveX Control PadとInternet Explorer 3.0に含まれるコントロールは?
[多数につき略 see original page]
●現在サードパーティーのソフトウェアベンダから入手可能なActiveXコントロールは?
●これらのコントロールをインストールして、そのコントロールを使ってActiveXのWebページを開発する方法は?
ActiveX Control Padを使い、HTML Webページにこれらのコントロールを挿入します。ActiveX Control Padのページhttp://msdn.microsoft.com/library/partbook/inscript/activexcontrolpad.htmを参照してください。
●HTML Layout Controlは、ActiveXコントロールを使用するページの作成にどのように役立つのでしょうか?
HTML Layout Controlは、Internet Explorer3.0用のアドオンであり、Internet Explorer 3.0の「完全」インストールで組み込まれます(また、HTML Layout ControlはActiveX Control Padの一部でもあります。ActiveX Control PadはMSDN Libraryからインストールできます。ActiveX Control Padには完全なフレームベースのWYSIWYGページエディタが付いているため、これをHTML Layout Controlと一緒に使うと、ActiveXコントロールを使った高度な2次元スタイルのHTMLのデザインも簡単に作成できます)。







Microsoft ActiveX (TM)Development Kit

Last Updated March 11,1996
マイクロソフトのActiveXSDKは、インターネット・アプリケーションおよびコンテンツを
開発するために必要となる、各種のテクノロジーを提供するものです。そして、ActiveX
テクノロジーに含まれる重要な項目は、マイクロソフトのインターネット・クライアン
ト・プラットフォームの構成する要素であり、この技術を利用した最初の製品はInternet
 Exploer3.0になります。もう一つの重要なテクノロジーはインターネット・サーバのAPI
として提供されるISAPIであり、Webマスターおよび開発者がスケーラブルなマナーにおい
て、Webサーバを短期間で開発/拡張する環境を実現します。

マイクロソフトのWebサイトである((http://www.microsoft.com/intdev/default.htm)は、
これらの仕様に関する正式なバージョン情報などを提供しています。ActiveX SDKに関す
るサポートや、より詳細な情報に関しては、このWebアドレスをご利用ください。
注意 : 昨年の12月6日にリリースされて以来、ActiveX SDK(その時点ではSweeper)は
サードパーティからの要望に応じて、大幅な変更を施されています。現在の仕様は最終的
なものではありません。今後も、開発者およびパートナーからの要望および提案に応じて
変更が加えられることがあります。
Contents:
1. Internet Server API(ISAPI)
- このセクションでは、マイクロソフトIISおよびISAPI対応のWebサーバにおける、サー
バ・サイドでのスクリプトの記述と、機能を拡張するために必要となるフィルターの記述
に関する情報を提供します。
2. ActiveX Controls
- このセクションではActiveX Controlに関する情報を提供します。この拡張可能なソリ
ューションにより生成されるオブジェクトは、WebページやVisual Basicアプリケーショ
ン、各種のOLE対応ドキュメントとアプリケーションで利用できます。
3. ActiveX Documents
- このセクションでは新しいタイプのドキュメント・ビュワーの開発方法について説明し
ます。このドキュメント・ビュワーはInternet ExplorerなどのOLEドキュメント・オブジ
ェクト・コンテナの中で利用できます。
4. Internet Data Download Services
 -このセクションでは、インターネットからデータをダウンロードするために利用する、
マイクロソフトのシステム・サービスについて説明します。
5. Scripting Services
- このセクションでは、OLEオートメーションを利用してWebページ内にインタラクティブ
なアクションを加えるために必要となる、Visual Basic Scripting Editionと他のスクリ
プト言語の利用方法につて説明します。また、スクリプト・ベンダーが開発したエンジン
を、Internet Explorerや他のOLEスクリプト対応アプリケーションにプラグインさせるた
めの方法も説明します。
6. HTML Standards for Active Content
 - このセクションでは、W3Cコンソシアムとの協力関係においてデザインされる、HTMLの
拡張仕様に関するドラフトを提供します。
7. 'Safe'Code Download and Verification
 - このセクションでは、インターネットから自動的にダウンロードされるコードの、ベ
リフィケーションとインストールに関する新しいシステム・サービスについて説明します。
8. Security Services
 - このセクションでは、Windows NT上でHTTPを認証する、Private Communication Techn
ology(PCT)を説明します。このimagehlpにおける新しい機能は、コード・シグニチャーと
最新の暗号APIに対する照会をサポートします。
9. Miscellaneous information
 - このセクションでは、Webサーバ上に提供されるページ・インターフェースの簡単な使
用方法と、ネットワーク上にユーザを配置するためのダイナミック・メソッドについて説明します。
10. Coming Soon...
- これから提供されるテクノロジーの仕様です。PICS content- ratings standard(課金
システム)やInternet Explorerにおけるパレット・マネージメント、各種の新しいOLEイ
ンテグレーション・テクノロジー(HyperlinkingおよびComponent Categories、Asynchron
ous Storage)などが含まれます。
11. OLE References And Resources
 - このページはCOMとOLEテクノロジーに関する追加リファレンスを提供します。
★原文には、上記項目を個別に詳述してる。

●関連記事
Web Workshop: Microsoft ActiveX SDK
Microsoft ActiveX SDK Overview[Microsoft]
ActiveX (TM)Object Model Overview







■W3C Working Draft

HTML3 Linking and Embedding Model[英文]
Inserting objects into HTML
W3C Working Draft 26-Feb-96

●HTML3 Scripting Model[英文]
W3C Working Draft 28-Feb-96









ADO Version 2.6[MSDN Library]

目的

Microsoft® ActiveX® データ オブジェクト (ADO) を使用すると、OLE DB プロバイダを通してデータベース サーバー上のデータへのアクセスと操作を行うための、クライアント アプリケーションを作成することができます。ADO の主な利点は、使用が簡単で、高速に動作し、メモリのオーバーヘッドが小さく、ディスクの使用量が少ないことです。ADO では、クライアント/サーバー アプリケーションおよび Web ベース アプリケーションを構築するための重要な機能がサポートされています。

RDS

ADO は、サーバーからクライアント アプリケーションまたは Web ページへのデータの移動、クライアント上のデータの操作、サーバーへ更新を返すなど、リモート データ サービス (RDS) の機能も備えています。

ADO MD

Microsoft ActiveX Data Objects (Multidimensional) (ADO MD) は、Microsoft Visual Basic®、Microsoft Visual C++®、Microsoft® Visual J++® などの言語から多次元データに簡単にアクセスする手段を提供します。ADO MD は、Microsoft ActiveX Data Objects (ADO) を拡張して、CubeDef オブジェクトや Cellset オブジェクトなどの多次元データ用オブジェクトを使用できるようにします。ADO MD を使用すると、多次元スキーマを参照し、キューブのクエリ結果を取得することができます。

ADO MD では、ADO のように、データへのアクセスを得るために、下層の OLE DB プロバイダが使用されます。ADO MD を使用して作業するには、プロバイダは、OLAP 定義のための OLE DB で定義された多次元データ プロバイダ (MDP) である必要があります。MDP は、表形式ビューのデータを表す表形式のデータ プロバイダ (TDP) とは対照的に、多次元ビューのデータを表します。特定の構文およびプロバイダがサポートする動作の詳細については、OLAP OLE DB プロバイダのマニュアルを参照してください。

ADOX

Microsoft ActiveX Data Objects Extensions for Data Definition Language and Security (ADOX) は、ADO オブジェクトおよびプログラミング モデルの拡張機能です。ADOX では、セキュリティに加え、スキーマの作成および修正のためのオブジェクトが含まれます。オブジェクト ベースの手法によりスキーマ操作を行うので、ソースコードの違いにかかわらず、さまざまなデータ ソースに対して動作するコードを記述することができます。

ADOX は、コア ADO オブジェクトに付随するライブラリです。テーブルやプロシージャなどのスキーマ オブジェクトの作成、修正、および削除のための追加オブジェクトが公開されます。これにはまた、ユーザーおよびグループを保持し、オブジェクトに対する権限を与えたり取り消すためのセキュリティ オブジェクトも含まれます。

ADO 2.6 のメイン コンポーネント

プログラマーズ ガイド
ADO、RDS、ADO MD、および ADOX の使用方法について紹介します。

プログラマーズ リファレンス
ここには、ADO、RDS、ADO MD、および ADOX の各オブジェクト、コレクション、プロパティ、ダイナミック プロパティ、メソッド、イベント、および列挙に関するトピックが含まれています。

サンプル
Visual Basic、Visual Basic Scripting Edition、Visual C++、および Visual J++ で記述されたサンプル アプリケーションおよびコード例です。

---------------------------------------------------

ADOプログラマーズガイド

---------------------------------------------------

ADOプログラマーズリファレンス









ActiveX Data Objects■ADO Version 2.5[MSDN Library]


●目的
Microsoft ActiveX データ オブジェクト (ADO) を使用すると、OLE DB プロバイダを通してデータベース サーバー上のデータへのアクセスと操作を行うための、クライアント アプリケーションを作成することができます。その主な利点は、使用が簡単で高速、使用するメモリとディスク容量が少ないことです。ADO は、クライアント/サーバー アプリケーションおよび Web ベース アプリケーションの構築における、重要な機能をサポートしています。

ADO は、サーバーからクライアント アプリケーションまたは Web ページへのデータの移動、クライアント上のデータの操作、サーバーへ更新を返すといった、リモート データ サービス (RDS) の機能も備えています。以前、Microsoft Remote Data Service 1.5 としてリリースされた RDS は、クライアント側のデータのリモート処理を簡単にするために、ADO プログラミング モデルに統合されました。

●ADOX
Microsoft ActiveX Data Objects Extensions for Data Definition Language and Security (ADOX) は、ADO オブジェクトおよびプログラミング モデルの拡張機能です。ADOX は、セキュリティに加え、スキーマの作成および修正のためのオブジェクトを含みます。オブジェクト ベースの手法によりスキーマ操作を行うので、ソースコードの違いにかかわらず、さまざまなデータ ソースに対して動作するコードを記述することができます。

ADOX は、コア ADO オブジェクトに付随するライブラリです。これは、テーブルやプロシージャなどのスキーマ オブジェクトの作成、修正、および削除のための追加オブジェクトを公開します。これはまた、ユーザーおよびグループを保持し、オブジェクトに対する権限を与えたり取り消すためのセキュリティ オブジェクトも含みます。

●ADO MD
Microsoft ActiveX Data Objects (Multidimensional) (ADO MD) は、Microsoft Visual BasicR、Microsoft Visual C++R、Microsoft Visual J++? などの言語から多次元データに簡単にアクセスする手段を提供します。ADO MD は、Microsoft ActiveX Data Objects (ADO) を拡張して、CubeDef オブジェクトや Cellset オブジェクトなどの多次元データ用オブジェクトを使用できるようにします。ADO MD を使用すると、多次元スキーマを参照し、キューブのクエリ結果を取得することができます。

ADO MD は、ADO のように、データへのアクセスを得るために、下層の OLE DB プロバイダを使用します。ADO MD を使用して作業するには、プロバイダは、OLAP 定義のための OLE DB で定義された多次元データ プロバイダ (MDP) である必要があります。MDP は、表形式ビューのデータを表す表形式のデータ プロバイダ (TDP) とは対照的に、多次元ビューのデータを表します。特定の構文およびプロバイダがサポートする動作の詳細については、OLAP OLE DB プロバイダのマニュアルを参照してください。

関連項目
ADO Technical Articles
JRO
OLE DB
●------------------------------------------------
リファレンス

ここでは、ADO および RDS のオブジェクト、コレクション、プロパティ、ダイナミック プロパティ、メソッド、イベント、および列挙の各項目について説明しています。

サンプル
Visual Basic、Visual Basic Scripting Editon、Visual C++、および Visual J++ で記述されたサンプル アプリケーションおよびコード例です。

ADOX
ADOX を使用するための基本的な情報です。

ADO MD
ADO MD を使用するための基本的な情報です。

参考●ActiveX Data Objects(ADO)の概要[MSDN Library 1997.8.11]








MSDN Web Workshop: Microsoft ActiveX Control Pad

January 20, 1997 

Microsoft Internet Explorer 3.x とActiveX? テクノロジー が強力で洗練された Web 
開発プラットフォームを提供いたします。 ActiveX Control Pad は簡単なマウスのクリ
ック操作だけであなたの HTMLページに ActiveX コントロールや ActiveX スクリプティ
ング(Visual Basic Scripting Edition(VBScript)や JScriptR)を付け加えることが
できるオーサリング・ツールです。 

ActiveX Control Pad には、新しく開発された Microsoft HTML Layout Control が組み
込まれています。これは World Wide Web Consortium (W3C) が提唱する新しい HTML の
拡張仕様に基づいたエキサイティングなレイアウトを提供するものです。 ActiveX Contr
ol Pad を使えば、オブジェクトの正確な位置決め、重ね合わせ、透過的効果といった先
進的なレイアウトやマルチメディア機能を簡単にページに織り込むことが可能です。 

(編集者注, September 4, 1997: HTML Layout Control technology は元々 Internet Explorer 3.0 とともに公開されました。 現在ではこの機能は Internet Explorer 4.0 に盛り込まれています。詳細な情報は HTML Layout Control home page をご覧ください。) 

●システム必要条件
Microsoft ActiveX Control Pad 1.0 を使用するには以下の条件が必要です: 
i486 以上のマイクロプロセッサを搭載し、Microsoft Windows 95 または Windows NT 4.0 が稼動するパーソナルコンピュータ 
16 MB 以上のメモリ 
10 MB 以上のハードディスク空き容量 
Internet Explorer 3.01  

●ActiveX Control Pad のダウンロード及びセットアップ

●ActiveX Control Pad に関する詳細情報
ActiveX Control Pad ホワイトペーパー [Padwppr.exe, 68KB] 
ActiveX Control Pad チュートリアル [Tutorial.exe, 300KB] 
HTML Layout Control ホワイトペーパー [alxwppr.exe, 49KB] 
※リンク先は原文からジャンプして下さい。








MSDN Online Web Workshop Japan

Languages & Development Tools
★ActiveX
Design-time Control SDK
ActiveX SDK
ActiveX Control PadComponent Development
★ActiveX
Active Server Pages での ActiveX コンポーネントの利用
Design-time Control SDK
- Design-time Control 概要
- Design-time Control チュートリアル
- MFC Step-by-Step
- Visual Basic Step-by-Step
- Design-time Control の作成とホスティング
- Design-time Control ホスト サービス
- ビルダとウィザードの起動
- Design-time Control SDK サンプルコントロール

★COM
Microsoft COM サイト













■関連サイト


■Microsoftサイト

ActiveX Data Objects Start PageMicrosoft Word 2000 ActiveX コントロールでイベントを使用する
 Microsoft Office 2000ランゲージリファレンス>Microsoft Word2000 リファレンス>Wordのイベントを使用する。
★文書に ActiveX コントロールを使用する
 Microsoft Office 2000ランゲージリファレンス>Microsoft Word2000 リファレンス>コントロールとダイアログボックスを使用する
★ActiveXコントロール: 概要[Visual C++ライブラリ]
★ADOデータコントロール
 Visual Studio 6.0ドキュメント>Visual Basicドキュメント>リファレンス>コントロールリファレンス>ActiveXコントロール>
 ADO データ (ADODC) コントロールは、組み込み式のデータ (Data) コントロールおよび
リモート データ (MSRDC) コントロールに似ています。ADO データ コントロールがあれ
ば、Microsoft ActiveX データ オブジェクト (ADO) を使用して、データベースへの接続
を迅速に作成できます。
★ActiveX/OLE のプログラミングに関するトピック
 Visual Studio 6.0ドキュメント>Visual Basicドキュメント>Visual Basic6.0活用ガイド>項目別リンク先>
★ADOコンポーネントライブラリ[Microsoft Office 2000/Visual Basic ログラマーズ ガイド]
 Office 2000 には、Microsoft Data Access Components (MDAC) version 2.1 が搭載さ
れており、これには OLE DB コンポーネント、OLE DB プロバイダ一式、6 個の ADO コン
ポーネントが含まれ、それぞれに特有の機能およびそれ対応するオブジェクト モデルが
あります。ソリューションで使用するメモリを最小限に抑えるために、ソリューションで
必要となる ADO コンポーネントのみを参照することが可能です。これらの各コンポーネ
ントについてこの章で完全には説明できませんが、次の表でそれぞれの ADO コンポーネ
ントの一覧およびその使用方法についての簡単な説明をします。




ActiveX Developer Group

 - マイクロソフト社の ActiveX ・ OLE に関する 技術情報を提供。
このサイトは、ActiveX と OLE の開発者のサポートのために運用
VC4.1 日本語版バンドリングActiveX コントロール
ActiveX Developer Support Program会員に本ActiveXコントロール全ソース・コード提供。
OLEのページ[MS社ActiveX技術は,OLE(COM)を中心に,インターネット/イントラネットとPCを統合]。

●ActiveX のサンプル・ギャラリー

世界中の ActiveX/OLE 情報にリンク

What's new
ActiveXコントロールを使った新しいシェルがスタートしました!
VC4.1日本語版バンドリングActiveXコントロール

ActiveX Developer Support Programメンバーシップへご入会頂いた方には,本ActiveXコントロールの全ソース・コードをご提供します。詳しくは,NonRectangle Arrow Button ソース・コードのご提供についてをご覧下さい。なおメンバーシップへの参加ご希望の方は、メンバーシップのご案内をご覧下さい。

Active X
マイクロソフト社の ActiveX 技術は, OLE(COM) を中心にして, インターネット/イントラネット と PC を統
合します. このページは, ActiveX 技術をまとめています.
The Microsoft ActiveX (TM)

OLEのページ
ADSP Developer NetworkActive Gallery
ActiveX のサンプル・ギャラリーです
ActiveX on the Internet
OLE on the Internet

 このページは, ActiveX とOLEに関するリンクが置かれています.
日本語の情報が充実してきた www.microsoft.co.jp, 
ご存知, 本家 www.microsoft.comを始めとして,世界中の ActiveX/OLE 情報にリンクします. 

このページは, プロフェッショナル・プログラマ, アプリケーション・デザイナ,開発担当マネージャに対し, 有料サービスを行っています.
メンバーズ What's New

Best experienced with
IE30b1 Click here to start. ASP Corporation This Server maintained by ASP Corporation. ADSP MS Watch ACTIVE X:「ACTIVE X」に関連したマイクロソフト社のページを紹介 「ActiveX/OLE」に関連したサードパーティのページ のリンクページは大半がリンク切れ。







Microsoftスクリプトコントロール

 Microsoftスクリプトコントロールは、スクリプトをサポートするアプリケーションを簡単に作成できるようにするための ActiveXコントロールです。ユーザーはスクリプトを使用してアプリケーションの機能を拡張することができます。このコントロールを使用すると、スクリプト サポートをアプリケーションに簡単に付加できるので、あまり高度なスクリプト機能を必要としない場合に適しています。たとえば、比較的サイズの小さいアプリケーション (1 〜 2MB) の場合であれば、このコントロールが提供する機能だけで十分なことが多いと思われます。

スクリプト コントロール
概要
ドキュメント
	はじめに
	FAQ
	プレスリリース
ダウンロード
関連するリンク
サポート

ドキュメント

Microsoft スクリプト コントロールを使用すると、Microsoft Visual Basic Script ing Edition (以下 VBScript) や Microsoft JScript (以下 JScript) などの ActiveX スクリプトエンジンを実行するアプリケーションを作成できます。Microsoft スクリ プトコントロールは、アプリケーションのオブジェクト モデルをスクリプト エンジン と組み合わせ、スクリプト アプリケーションを作成します。オブジェクト、メソッド、 およびプロパティを介して、アプリケーションの機能をスクリプトで操作することができ ます。

ダウンロード

詳細情報については、「Microsoftスクリプトコントロールについての頻度の高い質問」または「概要」を参照してください。

スクリプトコントロールをダウンロードするには登録が必要です。次の登録フォームに必要事項を記入してください。







■一般サイト

●会社・団体サイト

ActiveX デベロッパー・サポート - マイクロソフト社の ActiveX ・ OLE に関する 技術情報を提供。★ ActiveXベンダ会 - ActiveXコンポーネントの市場の普及を目的とした非営利団体。ニュースの閲覧と関連サイトへのリンク。★ ●ActiveX 財務会計協議会 ActiveX財務会計協議会は非営利団体の協議会で、マイクロソフト社のオブジェクト技術 「ActiveX/DCOM」を利用した、財務会計分野における会計事務所や顧客企業の主に財務 会計データの交換を容易にする仕様を協議決定し、標準仕様として日本での普及を目指す。  具体的には、顧客が使用するクライアント端末側にActiveXコントロールを埋め込み、 情報交換のインターフェイスを標準化しています。また、この今後、Version1.0をベース に2つの点にフォーカスをあて標準化技術仕様の策定を推進します。 仕様書(ダウンロード) /勘定科目体系の研究 ★幹事会員【9社】 インテュイット/NTTデータ/オービックビジネスコンサルタント セイコーエプソン/ソリマチ/TKC/ピー・シー・エー/マイクロソフト/ミロク情報サービス
●リンク

Yahoo Japan :コンピュータとインターネット: OS: MS-Windows: Windows 95: 技術: ActiveX[9]
●解説サイト

ActiveX & VBScript[ 基本講座 --- 簡潔な説明とサンプル( テキスト文字をグリグリ回転させる ActiveX & VBScript(Label Control,Timer Control使用))
●個人サイト

Gifあに倶楽部 - GIFアニメーションの作り方、ActiveXやスタイルシートの使い方等をわかりやすく解説。 --- バナークラブ★無料で23種のバナーを選択して作成してくれる Kentaro のページ - 自作のActiveXコントロール、ツールの紹介等。 Kuro's ActiveX Room - ActiveXやVBScriptによるページ作成、ゲーム等。 NAGANO INTERNET ACT - インターネットを使って研究をしている作者の実験用のホームページ。JavaやActiveXが満載。 TRY! Active Server Pages - ウエッブサーバーIISの機能ASPについて。 サンプルおよびソースもあり。 都出家のホームページ - GIFアニメ、Java、DirectX、Shockwave、ActiveX等、動くホームページ作りに関する情報、リンク集、オリジナル素材集(3D動画)を公開。 ぽこぺんの Microsoft Agent - IE4の追加コンポーネントAgentの解説とサンプル。
●ActiveXコントロール

ActiveX Control Pad(http://msdn.microsoft.com/library/partbook/inscript/activex controlpad.htm)。これを使えばActiveXコントロールを簡単にユーザーのHTML Webページに組み込めます。 see MSDN Web Workshop: Microsoft ActiveX Control Pad
●ActiveXサンプルサイト

Active Gallery - ActiveX のサンプル・ギャラリー --- http://activex.adsp.or.jp/Japanese/gallery/ ●Avenir --- http://www.avenir.net/ ; サンプル表示のないのが残念 ActiveX - [AboutBox][Calender][Date][Graph][PopUp Window][Message Hook][Spread Sheet] Active Server Pages - GIF Animator, Browser control, Object data library Java - Servlet , JDBC, Applets ●Vector: Windows:プログラミング:各種OCX ActiveX --- 200以上収録。 --- http://www.vector.co.jp/vpack/filearea/win/prog/ocx/index.html 別掲
●書籍

そのまま使えるActive X ホームページ[AI出版] フォレスト 著 B5変形判 472頁 本体価格2,800円(税別) CD-ROM付き (ISBN:4-87193-537-X) ActiveXを使ったホームページの作成テクニックを豊富な例で解説。 HTMLやスクリプトの記述方法だけでなく、Windows NTServerのインストールと設定、Acti veXコントロール作成ツールVisual Basic 5.0 CCE、ローカルテスティングについても解 説。付録CDには、ActiveXの効果を直接試せるHTML形式のリファレンス、ツール類、その まま使えるソースファイルを満載。 ★IDGコミュニケーションズ ActiveXプログラマーズ・ライブラリ スクリプト言語から スレーマン・ララニ/著 ラメッシュ・チャンダック/著 白樹社テクニカルラボ/監訳 \5200 ★アスキー Visual Basic 6.0によるActiveXコントロ 佐藤真治/著 \3500 Visual Basic 5.0によるActiveXアプリケ Guy Eddon/著 Henry Eddon/著 バウングローバル株式会社/訳 \4800 ActiveXコントロールプログラミング Tom Armstrong/著 柏原正三/訳 \7800 ActiveX controls inside out Adam Denning/著 クイック/訳 \7500 Understanding Active X and OLE David Chappell/著 クイック/訳 和田なつみ/訳 アスキー \3689 Microsoft Visual Basic 5.0 Act Microsoft Corporation/著 マイクロソフト株式会社/訳 \2200 オートメーションプログラマーズリファレンス ActiveXテ Microsoft Corporation/著 アスキー書籍編集部/訳 \5400 ★アプライドナレッジ Visual Basic 小島政行/著 \2400 ★インプレス Visual Basic 5パワフルテクニック大全集 データ Dennis Kennedy/〔ほか〕著 テクニカルコア/訳編 \6200 Visual Basic 5パワフルテクニック大全集 クライ Noel Jerke/〔ほか〕著 テクニカルコア/訳編 \5800 ★[AI出版] http://www.ai-pub.co.jp/ Excel2000 VBAプログラミングによるデータ活用法 河野春夫/著 \2500 なるほどカンタンActiveX 田向 利幸 \1800 そのまま使えるActiveXホームページ フォレスト/著 \2800 ★エクシードプレス Visual Basic 6.0データベース構築法 新居雅行/著 \3200 ★NRIラーニングネットワーク ACTIVEX活用技術 VBによるTCP/IPアプリケーショ Brian Farrar/著 NRIラーニングネットワーク株式会社/訳 \5000 ★オーム社 Visual Basic 6.0によるActiveXプログラ 瀬尾佳隆/著 \2400 ★オライリー・ジャパン http://www.oreilly.co.jp/ 目次/sample付き ASPクイックリファレンス A.Keyton Weissinger/著 観月祐太郎/監訳 今野睦/訳 杉野博史/訳 \3800 ★[技術評論社] http://www.gihyo.co.jp/  目次とかの詳細あり。オンラインショッピング可。 自動計測システムのためのVB6入門 金藤仁/著 \3200 ActiveX教養講座 続オブジェクト指向狂詩曲 吉田弘一郎/著 \1980 よくわかるActiveX エー・シー・シー/著 \1580 ★工業調査会 ActiveXで楽しむインターネット 今仁和武/著 \2100 ★[CQ出版] http://www.cqpub.co.jp/  目次、内容見本あり。 波動シミュレーション入門 Visual Basicで物理がわ 吉沢純夫/著 \2400 ★[秀和システム] http://www.shuwasystem.co.jp/  目次とかの詳細あり。オンラインショッピング可。 VBScript/ActiveXプログラミング&サンプル 永田大/〔ほか〕著 秀和システム \2800 インターネット入門HTML ActiveX & CGIコント 野田祐己/著 アンカー・プロ/著 \1900 ★ソシム Visual Basic5.0で作るActiveXコンポーネ 藤本壱/著 \2900 ★ソフト・リサーチ・センター VB5.0によるActiveXコントロールプログラミング 矢沢久雄/著 \2600 ★[翔泳社] http://www.shoeisha.com/ XMLアプリケーションズ 基礎の徹底解説からADOやASPと Frank Boumphrey/〔ほか〕著 トップスタジオ/訳 北沢誠/監修 \4800 VB COM ActiveX、MTS、DCOM、Window トーマス・ルイス/著 竹内里佳/訳 トップスタジオ /訳 豊田孝/監修 \3800 Visual C++ 5.0によるActiveXコンポーネン Jerry Anderson/著 スリーエーシステムズ/訳 \6000 ActiveXで作るマルチメディアホームページ アイティティ/編著 \2400 ★[ソフトバンクパブリッシング] http://books.softbank.co.jp/  目次とかの詳細なし。オンラインショッピング可。 新Visual C++6.0入門 シニア編 林晴比古/著 \4200 新Visual Basic入門 シニア編 林晴比古/著 \2400 はじめてのVisual J++ & ActiveX 田中ひろゆき/著 \2136 Visual C++によるインターネットプログラミング Al Williams/著 榊原美樹/訳 \3800 VBScript+ActiveXプログラミング Kenneth L.Spencer/〔ほか〕共著 豊田孝/監訳 \2900 ★[日経BP] http://store.nikkeibp.co.jp/index.shtml 目次付き 3週間完全マスターVisual C++ 6.0 デービス・チャップマン/著 青山ひろあき/監訳 オーパス・ワン/訳 \5000 3週間完全マスターVisual C++5.0 ナサン・グレビッチ/共著 オリ・グレビッチ/共著 スリーエーシステムズ/訳 \5000 ★日経BPソフトプレス プログラミングMicrosoft Visual Basic Francesco Balena/著 オーパス・ワン/訳 \5800 Active Server Pagesプログラミング Scot Hillier/著 Daniel Mezick/著 創知社ハイテックライツ/訳 \7000 ★プレンティスホール出版 Visual Basicアニメーションプログラミング Vis ニック・レバー/著 IDEA・C/訳 \3000 ActiveX and VBScriptプログラミング入門 ローラ・リメイ/著 ポール・ロマックス/著 島村千沙/訳 \3800 ActiveXを知る Windows95/NTインターネット ウォレン・アーンスト/著 日向俊二/訳 \2524 ActiveXアプリケーションの構築 ActiveXスクリプ サンダース・カウフマンJr./〔ほか〕著 郡司芳昭/訳 \4700 ★毎日コミュニケーションズ http://book.mycom.co.jp/ 目次なし 仕事に使えるMicrosoft Visual Basic v 北村隆志/著 \2200 ActiveX Control Padで作るインタラクティブ 磯野康孝/著 \2400 ★リック 市販のActiveXコントロールで作るはじめてのWindow Visual Basic Users Group Japan/監修・執筆 \3200 ★本の通販サイト 本屋さん cbook24.com[コンピュータ書専門サイト]




Vector: 各種OCX ActiveX

 --- 200以上収録。
 以下は抜粋したもの。 利用しやすいように分類したもの。 2001.6.5
●メニュー
[Free]AcTama 1.00 HTMLに埋め込むポップアップメニュー(サンプル付き) (68K)

●ボタン
[Free]2gomaLngB 1.3 長方形ボタンのActiveXコンポーネント (2,006K)
[Free]2gomaMcB 1.3 どこかで見たようなクールなボタンのActiveXコンポーネント (1,987K)
[Free]ActiveX コントロール BUT.OCX 1.1.0.7 簡単な、ActiveX ボタンコントロール(ピクチャー対応) (13K)
[Free][New]FlatButton 1.00 ウィンドウズ標準のコマンドボタンをデザイン面で拡張したActiveX Control (56K)

●時計
[Free]ZAClock OLE Control 1.2 貼り付けるだけでアナログで時刻表示をする時計のOCX (15K)
[Free]ZSntp OLE Control 1.0 貼り付けるだけでNTPサーバから時間の取得が出来るOCX (14K)
[Share](500円)アナログ時計 OCX 1.0 貼り付けるだけで”アナログ”で時刻表示をする”時計”のOCX (15K)
[Free]デジタル時計 OCX 1.1 デジタル表示する時計OCX (15K)
[Free]デジタル時計 OLE Control 1.3 貼り付けるだけで"デジタル時刻"を表示をするOCX (15K)
[Share][Sreg](2,500円)Pマーク 高精度タイマー 1.00 マルチメディアタイマーを使った高精度タイマーのOCX (153K)
[Share][Sreg](1,000円)高精度タイマー ActiveXコントロール 1.0.1 Visual Basic用 高精度タイマーActiveXコントロール (33K)
[Free]SNTP Client Control 1.0.0 VBからSNTPを利用して時刻を取得するActiveXコントロール (14K)

●カレンダー
[Share][Sreg](1,000円)ZCalender OLE Control 1.3 貼付けだけでカレンダー表示が簡単に出来るOCX (31K)
[Share][Sreg](5,000円)TaskCalカレンダーコントロール 1.0.2 カレンダー形式のGUIを持つ日付処理用ActiveXコントロール (2,451K)
[Share][Sreg](500円)カレンダー形式日付入力ボックス 1.0.9 万年カレンダー付の日付入力・日付選択部分を手軽に作成するコントロール(ocx) (418K)
[Free]元号ユーティリィーGenUty ActiveX DLL版 1.01 元号が関連する計算全般を行うためのActiveX DLL (55K)

●アイコン
[Free]ZIconTray OLE Control 1.0 貼り付けるだけでタスクバーのアイコントレイを制御できるOCX (11K)
[Free]アイコントレイ 1.2 タスクバーのトレイにアイコンを登録するOCX (33K)
[Free]シェル リンク コントロール 1.02A ショートカットアイコンの作成とリンク情報を取得するためのActiveX Control (14K)
[Free]タスクインコントロール 1.00 タスクバーアイコンを制御するためのOCX (13K)

●流れるLabel
[Free]ZSLabel OLE Control 1.1 流れるLabel (12K)
[Free]ZWLabel OLE Control 1.1 波のように流れるLABEL (13K)

●プログレスバー
[Free]2gomaProgB 1.2 どこかで見たようなクールなプログレスバーのActiveXコンポーネント (2,017K)
[Free]KProgressBar Control 1.00 高機能で軽いプログレスバーのActiveXコントロール (23K)
[Share][Sreg](1,200円)ProgressBarEx ActiveX コントロール 1.1 プログレスバーの機能を拡張しActiveXコントロール (449K)

●文字列表示
[Free]ConsoleX 1.0a コンソールに出力するように文字列を出力できるActiveXコントロール (263K)

●メッセージボックス
[Free]Crystal MsgBox 1.00.01 ActiveX.DLLを使用して、半透明のメッセージボックスを表示 (1,418K)
[Share](500円)メッセージボックス カスタムOCX 1.00 VB用Tool メッセージボックスを自由にカスタマイズ可能 (192K)

●3D
[Free]Cubickids 1.2.3 Web3Dを簡単に実現!ActiveX(OCX)コンポーネント (2,000K)

●郵便番号
[Share](1,500円)7桁郵便番号検索OCX 1.0 顧客ソフトに必須 超簡単便利! 7桁郵便番号等を取得するOCX (307K)
[Free]FirstZipコントロール 1.1.0 郵便番号←→住所の相互変換をするコンボボックス (703K)
[Share][Sreg](1,500円)ZiCSOCX 1 郵便番号検索のOCX (1,534K)
[Free]ZipNoFinder OCX (ActiveXコントロール) 1.1 VBにコントロールとして張り付け、〒番号←→住所の検索処理を提供 (93K)

●入力補助
[Free]ActiveX Basic Control Library 1.25 基本的な入力コントロール集 (ボタン、ラベル、テキスト、数値入力テキスト) (166K)
[Free]APLI TextBox 6.50 定型入力、改行キーでフォーカス移動、SQL文入力不可文字チェック、ガイドボタンの表示などを追加 (422K)

●四則演算
[Free]ahiru tools - 計算(四則演算)コントロール 1.0 文字列で指定された計算式から、計算結果を得るためのコントロール (64K)
[Free]FroawCTL 1.00 高精度四則演算コントロール (1,420K)
[Share](2,000円)CALCAX 1.2 文字列で計算式を入れると計算結果を文字列で返す計算用ActiveXバグ修正版 (1,565K)
[Free]K's CalcEdit 1.01 四則演算機能付きエディットコントロール (165K)
[Free]HiroCalc 1.0 文字数式を計算するActiveXコントロール (12K)

●Webアプリケーション開発用
[サンプル]Professional WebTools 2.0.0004 Webアプリケーション開発用ActiveXコントロール (1,901K)


●ネットワーク
[製品][Sreg](29,800円)ActiveNetwork for Windows 2.5 ネットワーク制御用ライブラリ・OCX (2,898K)
[製品][Sreg](29,800円)ActiveNetwork Plus for Windows 2.5 ネットワーク制御用ライブラリ・OCX (3,003K)
[Free]bwHstInf.ocx WinSock で HostName と IP アドレスを取得する OCX (54K)
[Share](500円)FTP.OCX 1.1 TCP/IP接続のホストとローカル間でファイル転送を行うカスタムコントロール (16K)
[Free]Skyfull Network コントロール 1.0 ネットワーク関連のActiveXコントロール (268K)
[Free]MacCapシュナイダーSDK 1.4 LANパケットモニター/キャプチャーActiveXコントロールSDK (186K)
[サンプル]NSPIp サンプル版 1.0 TCP/IP用のActiveXモジュール (472K)
[Free]PINGOCX 1.00 ネットワーク上のマシンまでの経路に障害があるかどうか確認するActive X コンポーネント (2,379K)
[Free]socketc.ocx 1.4b TCP/IP通信用コントロール (86K)
[Share](95,000円〜)TCPIPOCX 2.13 TCP/IPアプリケーションの作成を支援する32ビットActiveXコントロール (2,544K)
[Free]TcpSock 2.0.1 簡単に TCP/IP 通信を行うための ActiveX コントロール (247K)
[Share](9,980円)ソケット(TCP/IP)通信用OCX SocketOcx 1.1.0.0 ActiveX(OLE)コントロールによるTCP/IPのアクセスツール (125K)

●リモートアクセス[RAS]
[Free]Skyfull Ras VBサンプルプログラム 1.0 Skyfull RasコントロールのVBでのサンプルプログラム (98K)
[Free]Skyfull Ras VCサンプルプログラム 1.0 Skyfull RasコントロールのVCでのサンプルプログラム (153K)
[Share](24,800円)Skyfull Ras コントロール 1.4.9 リモートアクセスサービス(ダイアルアップ)のActiveXコントロール (453K)
[Share](29,800円)Skyfull Script コントロール 1.4.9 スクリプトのActiveXコントロール (201K)
[Share][Sreg](1,000円)ダイアルアップ支援コントロール 1.00 RAS接続を支援するためのActiveXコントロール (55K)

●通信
[Free][New]ActiveWinsockSXコントロール 0.1 Winsock2用、TCP/UDP非同期通信ActiveXコントロール (133K)
[Share](48,000円〜)FTPOCX 2.06 FTP通信用 ActiveXコントロール (2,532K)
[Share](68,000円)FTPSRVOCX 1.13 FTPサーバー通信用ActiveXコントロール (2,305K)
[Free]Rasカル 1.0.0 ダイヤルアップ接続に使うアクティブXコントロール (350K)
[Free]RS232C通信制御 ActiveXコントロール 1.01 バイナリーデータのシリアル通信を行うActiveXコントロール (35K)
[Free]RS232C通信制御 ActiveXコントロール(VB6用) 1.0.0 Visual Basic 6.0用 RS232C ActiveXコントロール (39K)
[Share](3,000円)カツオCommコントロール 1.0 シリアル通信とソケット通信に対応したVisual Basic用の通信コントロール (1,641K)

●メール
[Share][Sreg](1,500円)KmMailClient 1.0 メール送受信OCX (55K)
[製品][Sreg](4,000円)LiamLite(リアムライト) 1.6 電子メール送受信OCXコンポーネント (167K)
[製品](6,000円)LiamLite(リアムライト) v2 2.0 LiamLiteに添付ファイル機能と、OutlookExpressアドレス帳アクセス機能を搭載 (226K)
[製品](10,000円)LiamLite(リアムライト)ランタイムライセンスパック10 1.6 LiamLite1.5アプリケーション配布用のライセンスパック (171K)
[Share](48,000円〜)MAILOCX 2.08 SMTP/POPによるメールソフトの作成を支援するActiveXコントロール (2,793K)
[Share](48,000円〜)MIMEOCX 1.04 MIMEエンコーディング、デコーディングするActiveXコントロール (2,254K)
[Share](14,800円)[New]Skyfull POP3 コントロール 2.0.7 POP3メール受信のActiveXコントロール (328K)
[Free]Skyfull SMTP VBサンプルプログラム 1.0 Skyfull SMTPコントロールのVBでのサンプルプログラム (59K)
[Free]Skyfull SMTP VCサンプルプログラム 1.0 Skyfull SMTPコントロールのVCでのサンプルプログラム (101K)
[Share](14,800円)[New]Skyfull SMTP コントロール 2.0.7 SMTPメール送信のActiveXコントロール (243K)

●アプリ情報
[Free]ahiru tools - プロパティ情報取得コントロール 1.0 WordやExcelのプロパティを取得、設定用コントロール (38K)

●データベース
[Share][Sreg](1,200円)BX検索くん 1.0 データベースの一覧検索ができる入力ボックスコントロール (879K)
[Free]zCompress 1.0 DBからの大きなリザルト返送でもASPで簡単圧縮 イントラネットが軽くな〜る (363K)
[サンプル]Professional DBSheet 2.1.0003 データベースから様々な表を作成可能なActiveXコントロール (4,388K)

●暗号化
[Share](20,000円)CodeX 1.01 文字列またはファイルを公開鍵方式で暗号化・復号できるActiveXコントロール (258K)
[Share](24,000円(税別)〜)暗号OCX 1.01 ストリーム型暗号を可能にするActive X コントロール (2,307K)

●Windowsを終了、リブート、ログオフ
[Free]Windows終了 OCX 0.9 Windowsを終了、リブート、ログオフするOCX (11K)
[Free]カツオShutdownコントロール 1.0 Windowsのシャットダウンを行うVisual Basic用のコントロール (1,489K)
[Share][Sreg](3,000円)スイッチOCXs 1.0 電源やスイッチを制御するプログラム作成に便利なOCX群 (1,611K)

●WINDOWSユーザー名パスワード等を取得
[Free]hirodll_vb 1 ACTIVEX.DLL WINDOWSユーザー名、IE接続ユーザー名とパスワード等を取得 (8K)

●フォルダツリー
[その他]Extree.dll 1.00 エクスプローラの左側のツリーやフォルダツリーをVBで簡単に作成する事ができるActiveX DLL (26K)
[その他]Extree.ocx 1.00 エクスプローラの左側のツリーやフォルダツリーをVBで簡単に作成する事ができるActiveXコントロール (52K)
[Free]Get Special Folder Location 「デスクトップ」等の特殊フォルダを取得するOCX (41K)
[Free]SHTree 0.80 Release エクスプローラと同じツリー表示を得るためのActiveXコントロール (14K)
[Free][みソ] Tree表示OCX 009 『ディレクトリ』や『レジストリ』がツリー表示できるOCX (56K)
[Free][みソ] Tree表示OCX と みどりOCX のソースコード 1.05 Tree表示OCX と みどりOCX のソースコード ディレクトリをツリー表示などのOCX群のソースコード (476K)
[Free][みソ] みどりOCX 007 『ディレクトリ』や『レジストリ』が操作できるOCX (159K)
[Free]カツオFolder操作コントロール 1.0 ファイルやフォルダーの操作を行うVisual Basic用のコントロール (1,459K)
[Free]フォルダ選択ダイアログコントロール 2.0.0 beta 2 フォルダを選択するダイアログを表示するコントロール (265K)

●フォーム機能補助
[Free]EventEx 1.34 コントロール(フォーム含む)のイベントを拡張するコントロール (136K)
[Share][Sreg](700円)FormEx ActiveX コントロール 1.01 フォームの機能を補助するActiveXコントロール (479K)

●フォーム
[Free]tsLayeredCtrl 1.0 フォーム透過OCX (23K)
[Free]フォーム透過OCX 2.00 VBで簡単にフォームの透過、壁紙透過、レイヤードウインドウを行うOCX (36K)
[Share][Sreg](500円)非矩形フォームOCX 1.0 BMP画像のままをフォームの外見にするOCX (50K)

●リサイズ
[Share][Sreg](4,000円)ダイナシステム リサイズコントロール 1.0 VB用 自動リサイズコントロール (53K)
[Share](9,800円)リサイズ支援OCX For VB & ソースコードセット 1.01 フォームのサイズ変更を検出しボタンなどをリサイズ(ソースコードセット有 ) (131K)

●ダイアログ
[Free]TinyCommonDialogControl.OCX 2.01 VBユーザーのための,プレビュー機能付きコモンダイアログOCX (764K)
[Share][Sreg](500円)WaitMessage 1.1 ファイルのコピーや移動などの処理の進捗状況をお知らせするダイアログをOCX化したソフトウェア (2,406K)

●アップダウンコントロール
[Share][Sreg](1,500円)trueUpdown Control (ActiveXコントロール) ボタンを押したまま左右にマウスを動かすことで、値を増減するアップダウンコントロール

●ウィンドウ半透明化
[Free]Ghost Control 1.0 ウィンドウ半透明化ユーザコントロール (265K)
[Free]半透明ウィンドウ作成コントロール 1.0 VB等で簡単に半透明ウィンドウが作成できるActiveXコントロール(サンプル付) (29K)

●カラー
[Share](800円)ActiveColorDlg 1.0 アクティブなカラー設定用OCX (806K)

●表形式入力
[Share][Sreg](1,800円)GridEdit 1.3.0 表形式入力 GridEdit (93K)
[Share][Sreg](3,000円)GridPrinter 1.2.0 グリッド印刷 GridPrinter(ActiveX Control) (66K)

●漢字コード変換
[Share](48,000円〜)KANJIOCX 2.06 漢字コード変換を行う32ビットActiveXコントロール (2,267K)
[Free]カツオJIS変換コントロール 1.0 JISコードとANSIコードの変換を行うVisual Basic用のコントロール (1,460K)

●バーコード
[Free]KBB.DLL 1.00 バーコード表示・ファイル作成 ActiveX DLL (113K)

●画像
[Free]GAzuki ActiveX Control Module 1.00 BMP、GIF、JPG、PNGの画像ファイルをビットマップとして表示するActiveX (186K)
[Free]KBC.DLL 1.00 BMP<->JPEG画像ファイル変換 ActiveX DLL (11K)
[Share][Sreg](3,800円)[New]Perfect Label Control 1.0.0.0 ATLで開発したActiveXラベルコントロール 3Dフォント、グラデーション、ピクチャ描画等(サンプル付き) (364K)
[製品][Sreg](9,800円)SpotTools Image Convert Control 簡単! シンプル! 大量イメージデータを一括で形式変換するActiveXコントロール
[製品][Sreg](7,800円)SpotTools Image Resize Control 簡単! キレイ! 大量イメージデータを一括でサイズ変更するActiveXコントロール
[Free]SpotTools Image View Control 1.0 キレイ! 高品質な縮小表示が可能なイメージ表示ActiveXコントロール (1,742K)
[製品][Sreg](9,800円)SpotTools Thumbnail Control 簡単! 便利! 大量イメージデータをサムネイル表示するActiveXコントロール
[Share](500円)グラデーション描画 OCX 1.2 VB4.0 VB5.0のフォーム全体を”グラデーション描画”するOCX (14K)

●印刷
[Share](2,300円)SPrintFormComponent 1.0.0 プレビュー付ESC/Pプリンタ用フォーム印刷ActiveX DLL (865K)

●エディター
[Share][Sreg](900円)TBinEdit.ocx 1.0 バイナリエディタOCX (37K)

●マウス
[Free]WheelController 1.0 VB等でホイールマウスが使用できます (32K)

●XML
[製品][Sreg](9,980円)XMLServerWare 1.01 XMLベースのソフトウェア開発に有用なコンポーネント集 (271K)

●ハイパーリンク
[Free]ハイパーリンクActiveX&ユーザーコントロール 1.1.0 HTML構文のタグと同じ働きをするActiveXコントロールとユーザーコントロール (101K)
[Share][Sreg](1,000円)ハイパーリンクActiveX&ユーザーコントロール拡張版 2.1.0 「ハイパーリンクActiveXコントロール & ユーザーコントロール」の拡張バージョンアップ版 (128K)
[Free]ハイパーリンクActiveXコントロール 1.0.0 VBのフォーム上で簡単にハイパーリンクを張る事ができる (22K)

●印刷
[サンプル]プリンターマップコントロール Sample ユーザー帳票/指定帳票の印刷用構造体を生成 (39K)

●携帯・PHS
[Free]携帯・PHS11桁コンバータActiveXコンポーネント 1.0 携帯・PHSの電話番号を11桁に変換 (159K)

●電話番号をスパイ
[Share][Sreg](600円)電話番号をスパイするOCX 1.0 マイクからピポパ音(DTMF信号)を拾って、電話番号をスパイするOCX (120K)

●URLエンコードされたデータを解読
[Free]URL Decoder 2.1.0315 URLエンコードされたデータを解読するActiveXコントロール (1,835K)










●OLE_DB


Microsoft OLE DB 2.0プログラマーズリファレンス&データアクセス SDK

Microsoft の強力な OLE DB 2.0 テクノロジーを使えば、企業の情報資源が、どのような形式で、どの部署に存在していても、それらをフルに活用できる業務アプリケーションを構築できます。このキットパッケージには、Windows (R)ベースおよび Windows NT (R)ベースの全システム向け汎用データアクセスを作成する際に必要となる情報とツールがすべて含まれています。データストアを公開し、個人またはグループのデータベース、個別のファイルシステム、スプレッドシートだけでなく、電子メールにまでも完璧な DBMS 機能を拡張し、利用する方法がわかります。

Microsoft の OLE DB スタッフチームが次の内容を直接解説します

CD-ROM には、次のようなデータ アクセス SDK が収録されています。

システム要件
Data Access SDK を使用するには、最小ハードウェア構成として、Microsoft Windows 95、Windows 98、または Windows NT + SP3 以降が稼働するシステムと、100MB 以上(完全インストールの場合)のハードディスクの空き容量が必要です。
---------------------------------------------------

●第一部OLE DBの概要
第1章OLE DBの概要
第2章データソースオブジェクトとセッションオブジェクト
第3章コマンド
第4章行セット
第5章行セットのデータの更新
第6章データの取得と設定
第7章BLOLおよびCOMオブジェクト
第8章インデックス行セット
第9章OLE DBオブジェクトの通知
第10章OLE DBにおけるデータ型
第11章プロパティ
第12章トランザクション
第13章エラー
第14章プログラミング上の注意事項
第15章非同期処理
第16章統合インデックス第二部OLE DBリファレンス
IAccessorからIViewSort迄60メソッドなど。
●第三部付録
●用語集













●Universal Data Access


Microsoft Universal Data Access サイト

Universal Data Access の概要

Universal Data Access は企業間の情報にアクセスを提供する Microsoft の戦略です。今日、データベース ソリューションを構築している企業は、企業間に分散するデータや情報からビジネスの利益を最大限に得るために多くの努力を行っています。Universal Data Access はリレーショナルおよび非リレーショナルを含め、さまざまな情報源への高性能のアクセス、およびツールや言語に依存しない使いやすいプログラミング インターフェイスを実現します。これらのテクノロジを使用すると、企業はさまざまなデータ ソースの統合、保守しやすいソリューションの作成、および最も使いやすいツール、アプリケーション、プラットフォーム サービスの使用が可能になります。

Microsoft Data Access Components (MDAC) は、企業全体のあらゆる種類のデータに使いやすく、高性能のアクセスを提供します。クライアントとサーバー、およびインターネットとイントラネットをベースにしたデータ ドリブン ソリューションを作成している開発者は、コンポーネントを使用してリレーショナルおよび非リレーショナル両方のさまざまなソースから情報を簡単に統合できます。Microsoft Data Access Components は、ActiveX Data Objects (ADO)、OLE DB、および Open Database Connectivity (ODBC) の新しいバージョンで構成されており、それらが同時にリリース、ドキュメント化、およびサポートされています。


Universal Data Access とは?

Universal Data Access は企業間の情報にアクセスを提供する Microsoft の戦略です。今日、データベース ソリューションを構築している企業は、企業間に分散するデータや情報からビジネスの利益を最大限に得るために多くの努力を行っています。Universal Data Access はリレーショナルおよび非リレーショナルを含め、さまざまな情報源への高性能のアクセス、およびツールや言語に依存しない使いやすいプログラミング インターフェイスを実現します。これらのテクノロジを使用すると、企業はさまざまなデータ ソースの統合、保守しやすいソリューションの作成、および最も使いやすいツール、アプリケーション、プラットフォーム サービスの使用が可能になります。

Universal Data Access はデータを単一のデータ ストアに移動するときに高価で時間のかかる作業は不要であり、単一のベンダの製品に依存する必要がありません。Universal Data Access は業界から幅広いサポートを受けているオープンな業界標準をベースにしており、既存の主要なデータベース製品すべてに対応しています。Universal Data Access は今日の標準インターフェイス (ODBC、RDO、および DAO を含む) からの飛躍的な一歩であり、これらのよく知られ、よくテストされたテクノロジの機能を大幅に拡張します。

Microsoft Data Access Components は Universal Data Access を有効にします。これらのコンポーネントは ActiveX Data Objects (ADO)、Remote Data Service、(RDS、以前には Advanced Database Connector または ADC と呼ばれていました)、OLE DB、および Open Database Connectivity (ODBC) を含みます。


Microsoft Data Access Components とは?

Microsoft® Data Access Components (MDAC) は Universal Data Access を有効にする主要な技術です。Web または LAN 上に広がるデータ ドリブン クライアントおよびサーバー アプリケーションがこれらのコンポーネントを使用して、リレーショナル (SQL) および非リレーショナル両方のさまざまなソースから情報を簡単に統合できます。これらのコンポーネントは Microsoft® ActiveX® Data Objects (ADO)、OLE DB、および Open Database Connectivity (ODBC) を含んでいます。

ActiveX Data Objects (ADO)
Microsoft ActiveX Data Objects (ADO) は、データと情報に対する戦略的なアプリケーション プログラミング インターフェイス (API) です。ADO はデータへの一貫性のある高性能のアクセスを提供し、アプリケーション、ツール、言語、またはインターネット ブラウザを使ったフロントエンド データベース クライアントおよび中間層のビジネス オブジェクトの作成といったさまざまな開発上のニーズをサポートします。ADO は 1 から複数階層のクライアント サーバーおよび Web ベースのデータ ドリブン ソリューションの開発に必要な唯一のデータ インターフェイスとなることを目標に設計されています。ADO の主要な利点は使いやすさ、スピード、メモリ オーバーヘッドの低さ、ディスク低消費量です。

ADO は、あらゆる種類のデータにアクセスを実現する OLE DB に使いやすいインターフェイスを提供します。ADO は、主要なシナリオでのネットワーク トラフィックを最小限に抑え、フロントエンドとデータ ソース間の層の数を最小限に抑えています。これらはすべて、軽量で高性能のインターフェイスを提供することを目的としています。ADO が使いやすいのは、今日販売されているすべての代表的な Rapid Application Development (RAD) ツール、データベース ツール、および言語で利用できるおなじみのメタファ、COM オートメーション インターフェイスを使って呼び出されるためです。

OLE DB
OLE DB は企業全体に存在するデータへのアクセスを目的とした、Microsoft の戦略的なシステム レベルのプログラミング インターフェイスです。OLE DB はオープンな仕様で、あらゆる種類のデータにアクセスするためのオープン標準を提供することを目標に掲げた ODBC の成功をベースに設計されました。ODBC はリレーショナル データベースへのアクセスを目的に設計されましたが、OLE DB はリレーショナルと非リレーショナルの両方の情報源を対象にしています。これには、メイン フレームの ISAM/VSAM および階層的データベース、電子メールとファイル システム ストア、テキスト、グラフィカル、および地理データ、カスタム ビジネス オブジェクトなどが含まれます。

OLE DB はさまざまなデータベース管理システム サービスをカプセル化した一連の COM インターフェイスを定義しています。これらのインターフェイスにより、この種のサービスを実装するソフトウェア コンポーネントの作成が可能になります。OLE DB コンポーネントは、データの蓄積と提供を行うデータ プロバイダ、データを使用するデータ コンシューマ、およびデータの加工とトランスポートを行うサービス コンポーネント (例:クエリ プロセッサやカーソル エンジン) から構成されます。OLE DB インターフェイスは、OLE DB コンポーネントのベンダが高品質の OLE DB コンポーネントを迅速に提供できるように、コンポーネントのスムーズな統合を念頭に置いて設計されています。さらに、OLE DB には ODBC へのブリッジが含まれており、今日存在する幅広い ODBC リレーショナル データベース ドライバも継続的にサポートされます。

Open Database Connectivity (ODBC)
Microsoft Open Database Connectivity (ODBC) インターフェイスは業界標準で、Microsoft® Windows® Open Services Architecture (WOSA) のコンポーネントです。ODBC インターフェイスを使用して、アプリケーションはさまざまなデータベース管理システム (DBMS) からデータにアクセスできます。ODBC が許可する相互運用性を最大限に利用して、アプリケーションは 1 つのインターフェイスを使ってさまざまな DBMS のデータにアクセスできます。その上、アプリケーションはデータをアクセスした DBMS からは独立しています。アプリケーションのユーザーは、ドライバと呼ばれるソフトウェア コンポーネントを追加できます。このドライバが、アプリケーションと特定の DBMS 間のインターフェイスを作成します。


関連情報

Universal Data Access ストラテジ

データ アクセスの必要性と UDA (英語)
Microsoft Interactive Developer Magazine の、Microsoft Universal Data Access (UDA) 戦略を Windows Distributed Internet Applications (Windows DNA) アーキテクチャ イニシアティブに統合する方法について説明した特集です。

Universal Data Access 技術情報

Universal Data Access 関連ドキュメント

ADO
MDAC SDK の ADO セクションにある、最新の Microsoft Data Access コンポーネントのドキュメントを参照してください。

OLE DB
MDAC SDK の OLE DB セクションにある、最新の Microsoft Data Access コンポーネントのドキュメントを参照してください。

OLE DB for OLAP
MDAC SDK の OLE DB for OLAP セクション (OLE DB セクションを含む) にある、最新の Microsoft Data Access コンポーネントのドキュメントを参照してください。

ODBC のドキュメント
MDAC SDK の ODBC セクションにある、最新の Microsoft Data Access コンポーネントのドキュメントを参照してください。


Universal Data Access 技術情報

MDAC アプリケーションのパフォーマンスの改善
この文書では、MDAC アプリケーションのパフォーマンスを向上するための提案およびガイドラインを提供します。要点を説明するために、可能な限りサンプル コードを提供しています。

また、UDA については Microsoft Universal Data Access の概要ページを参照してください。


OLE DB 技術情報

OLE DB の標準化: 適切なインターフェイスを選択
OLE DB は多様なデータ ストアに格納されているさまざまな種類のデータにアクセスするための、包括的なインターフェイス セットです。この文書は、OLE DB プロバイダおよびコンシューマに利用できる多種のインターフェイスについて説明しています。

OLE DB を使用した Universal Data Access
企業の開発ツールとしての OLE DB の総合的なご紹介です。


OLE DB for OLAP 技術情報

OLE DB for OLAP プログラマーズ リファレンス (自己解凍形式 DOC ファイル、650KB)
OLE DB for OLAP のプログラミングに関する詳細情報を記述した、「OLE DB for OLAP プログラマーズ リファレンス」がダウンロード可能です。なお、このドキュメントは、自己解凍形式の DOC ファイルとなっております。ダウンロードしてご利用ください。


ADO 技術情報

DAO から ADO への移植、および Jet Provider と組み合わせた ADO の使用
この文書は、一般的な Microsoft® Data Access Objects (DAO) プログラミング作業を、それと同等の働きをする Microsoft ActiveX® Data Objects (ADO) コードを使って実行するための説明書として構成されています。DAO と ADO オブジェクト、プロパティ、およびメソッド間での対応を説明します。また、似た名前のメソッドまたはプロパティで、機能的または意味の違いがあるものに焦点を当てて説明します。

ADO / WFC と JDBC
この文書では、SQL データに対する Java JDBC インターフェイスを、Microsoft Windows Foundation Classes (WFC) ActiveX® Data Objects (ADO) と比較し、さらに Microsoft Visual J++™ および WFC に同梱される COLE DB を基盤としたソリューションと比較します。特に、JDBC のオブジェクト モデル、プログラミング モデル、および機能を対応する ADO/WFC と比較しています。

さまざまな開発言語を使用した ADO の実装: ADO ロゼッタ ストーン (英語ドキュメント)
この文書はさまざまな言語で ADO を使用するための本質的な複雑性、およびそれらの言語内のメカニズムの実装について説明しています。

ADO の概要
ADO とは何か、どのように動くのか、何ができるのかを理解します。

出力パラメータが ADO Command.Execute 呼び出し後にエラーを起こす (英語版サポート技術情報 Q167908)
この文書は、ADO Command.Execute メソッドを使用している SQL Server 6.5 でストアド プロシージャを呼び出した後、出力パラメータが返されない場合にどうすればいいのかを説明しています。


RDS 技術情報

RDS 2.0 で Cusomization Handler 機能を使用する
リモート OLE DB プロバイダを使って直接動作させるために RDS を使用しているときは、RDS 2.0 の Customization Handler 機能を使用して、独自のロジックをサーバー上で実行できます。この文書では、この機能によって利用できるシナリオ、およびそれを使用するために必要な手順を説明しています。


ODBC 技術情報

ODBC セキュリティ問題の理解
この文書は、 ODBC の "トレースの呼び出し" 機能に関連したセキュリティ問題を説明しています。

トレースを防ぐために Windows NT を保護
Microsoft Windows NT オペレーティング システムは優れたセキュリティ機能を提供しています。この文書は、高度なセキュリティを必要とするシステム管理者に、管理者以外のユーザーが ODBC トレースを行うことを防ぐ Windows NT 4.0 の機能について説明しています。

Universal Data Access 関連ダウンロード

Universal Data Access 関連ダウンロード


MDAC 関連ダウンロード

このページから Microsoft Data Access Components (MDAC) 再配布リリースを無償ダウンロードできます。現在、MDAC 2.1、MDAC 2.5、MDAC 2.6 を含む各リリースが利用可能です。いくつかの リリース一覧も合わせて入手できます。MDAC のインストールについての情報もご覧ください。

MDAC 2.6 SDK がダウンロード可能です。この SDK には、最新のドキュメント、ヘッダ、ライブラリとタイプ ライブラリ、最新のサンプルアプリケーション、開発ツール等が含まれています。詳細についてはこちらをご参照ください。

現在 MDAC 2.6 をご利用で、Jet のコンポーネントも必要な場合は、Jet 4.0 Service Pack 3 の最配布可能版 (Jet40SP3_Comp.exe) をダウンロードしてご利用いただけます。詳細についてはこちらをご参照ください。

MDAC 2.6 製品版 (2.60.6526.3) がダウンロード可能です。このリリースは、Microsoft SQL Server 2000 でインストールされるものと同じバージョンとなっております。詳細についてはこちらをご参照ください。

MDAC 2.5 SP1 (2.51.5303.5) がダウンロード可能です。このリリースは、Windows 2000 Service Pack 1 でインストールされるものと同じバージョンとなっております。詳細についてはこちらをご参照ください。

MDAC 2.5 製品版 (2.50.4403.12) がダウンロード可能です。製品版リリースは、以前 GA リリースと呼ばれていたものを改称したものです。この Web リリースは Windows® 2000 でインストールされる MDAC と同じバージョンです。詳細についてはこちらをご参照ください。

MDAC 2.1.2.4202.3 (GA) (MDAC 2.1 SP2) は現在もダウンロード可能です。この Web リリースは MDAC 2.1 の 2 つ目の GA (Generally Available) バージョンで、以前のバージョン存在した多くの問題が解決されています。また、MDAC 2.1.1.3711.11 (GA) もダウンロード可能です。詳細についてはこちらをご参照ください。

Component Checker ツールがダウンロード可能です。詳細についてはこちらをご参照ください。

ご注意:MDAC 1.5 および 2.0 のご提供は終了いたしました。MDAC のこれらのバージョンはその後のバージョンで代用可能です。可能な限り最新のものをご利用ください。


ダウンロードの前に:

Windows 95 ユーザーの皆様へ:2.1x または 2.5x をインストールする前に、DCOM for Windows 95 がインストールされている必要があります。詳細情報については、"MDAC 2.0 Requires DCOM95 to Install Under Windows 95 (英語ドキュメント)" をご覧ください。DCOM for Windows 95 は http://www.microsoft.com/japan/com/ からダウンロードできます。


2.6 SDK

MDAC 2.6 SDK

Microsoft Data Access Components (MDAC) 2.6 SDK がダウンロード可能です。この SDK は、ADO、OLE DB、または ODBC を用いた開発を行っている方にご利用いただけます。この SDK には、更新されたドキュメント、ヘッダー、ライブラリとタイプライブラリ、新しい、または更新されたサンプル アプリケーション、開発ツールが含まれます。MDAC 2.6 SDK は、MDAC 2.6 (mdac_typ.exe) 再配布可能版で使用することを前提に作成されています。なお、MDAC 2.6 もこのページからダウンロードしていただけます。

MDAC 2.6 SDK は、以下のオペレーティング システムでご利用いただけます: Microsoft Windows 95、Windows 98、Windows Millennium Edition (Me)、Windows NT 4.0、Windows 2000。それぞれのオペレーティング システムにおいて必要な Service Packs の情報については、この SDK に含まれる Readme.txt をご参照ください。

この SDK に含まれる HTML ヘルプ ファイルを参照するには、Microsoft Internet Explorer 5.0 移行が必要です。また、OLE DB のサンプルをコンパイルするには、最新の Microsoft Platform SDK が必要です。

MDAC 2.6 SDK は英語版のみのご提供となりますが、以下の言語のオペレーティング システム上でテストが完了しています: 日本語、ドイツ語、韓国語、繁体字中国語、簡体字中国語、Bi-Di。

Microsoft Data Access Components (MDAC) 2.6 SDK のダウンロード

なお、MDAC 2.6 SDK は、今後リリースされる Microsoft Platform SDK に含まれる予定です。


Jet 4.0 Service Pack 3 リリース

Microsoft Jet 4.0 SP3 ご利用いただけます。

現在 MDAC 2.6 をご利用で、Jet のコンポーネントも必要な場合は、Jet 4.0 Service Pack 3 の再配布可能版 (Jet40SP3_Comp.exe) をダウンロードしてご利用いただけます。Jet40SP3_Comp.exe には、Microsoft Windows 95、Microsoft Windows 98、および Microsoft Windows NT version 4.0 用の Jet 4.0 コンポーネントの完全なセットが含まれています。また、Jet40SP3_Comp.exe は SP3 までの完全な Jet 4.0 コンポーネントを含みます。このコンポーネントは、Microsoft Windows 2000 または Microsoft Windows Millennium Edition (Me) に含まれるものと同じバージョンです。
なお、現時点で最新の Jet 4.0 は、 Jet 4.0 Service Pack 5 が各 OS 毎に準備されています。Jet 4.0 SP 5 は、弊社技術情報 Q239114 にて変更のあるファイルのみを提供しておりますので、Jet 4.0 SP3 導入後に適用して下さい。

お使いのオペレーティング システム、アプリケーション、または 2.5 SP1 以前の Microsoft Access Data Components (MDAC) によって既に Jet 4.0 がインストールされている場合には、Jet40SP3_Comp.exe はインストールしないでください。Jet40SP3_Comp.exe をインストールする前に、MDAC 2.6 以降のバージョンがインストールされている必要があります。

Jet 4.0 SP3 日本語版のダウンロード


2.6 リリース

Microsoft Data Access Components 2.6 製品版 (2.60.6526.3)

この Web リリースは、MDAC 2.6 製品版の初回リリースです。このリリースは、Microsoft SQL Server 2000 でインストールされるものと同じバージョンとなっております。なお、MDAC 2.6 では、Alpha プラットフォーム用の提供はありません。MDAC 2.1.2.4202.3 (GA) を引き続きご使用ください。

MDAC 2.6 は、Microsoft Jet、the Microsoft Jet OLE DB プロバイダ、Desktop Database Drivers ODBC ドライバ、Visual FoxPro ODBC ドライバを含みません。この件の詳細に関しては、サポート技術情報 (英語) をご参照ください。

MDAC 2.6 セットアップ FAQ がご利用いただけます (英語版です)。このホワイトペーパーでは、MDAC 2.6 のセットアップについての、よくある質問と回答をご紹介しております。

MDAC 2.6 製品版 (2.60.6526.3) のダウンロード


2.5 SP1 リリース

Microsoft Data Access Components 2.5 SP1 (2.51.5303.5)

この Web リリースは、MDAC 2.6 Service Pack 1 (SP1) の初回リリースです。このリリースは、Windows 2000 Service Pack 1 でインストールされるものと同じバージョンとなっております。なお、MDAC 2.5 SP1 では、Alpha プラットフォーム用の提供はありません。MDAC 2.1.2.4202.3 (GA) を引き続きご使用ください。

MDAC のリリース、リリース固有の問題点、およびアップグレードの考え方に関するユーザーのご質問のお答えとして、MDAC チームはリリース固有の問題点とその詳細を説明した、リリースごとの開発項目を持っています。リリースの規約および項目の情報については リリース一覧 をご覧ください。

MDAC 2.5 SP1 (2.51.5303.5) のダウンロード


2.5 リリース

Microsoft Data Access Components 2.5 製品版 (2.50.4403.12)

この Web リリースは Microsoft Data Access Components (MDAC) 2.5 製品版の初回リリースです。このダウンロードは Windows 2000 でインストールされた MDAC コンポーネントと同じバージョンをインストールします。なお、MDAC 2.5 では、Alpha プラットフォーム用の提供はありません。MDAC 2.1.2.4202.3 (GA) を引き続きご使用ください。

MDAC のリリース、リリース固有の問題点、およびアップグレードの考え方に関するユーザーのご質問のお答えとして、MDAC チームはリリース固有の問題点とその詳細を説明した、リリースごとの開発項目を持っています。リリースの規約および項目の情報については リリース一覧 をご覧ください。また、MDAC インストール FAQ をお読みください。MDAC のすべてのリリースおよび Data Access SDK はバージョン指定のリリースの項目を含みます。現在の項目は MDAC 2.5 (2.50.4403.12) のこのリリースに対するものです。

MDAC 2.5 (2.50.4403.12) のダウンロード


2.1 リリース

Microsoft Data Access Components 2.1.2.4202.3 (GA)

この Web リリースは Microsoft Data Access Components (MDAC) 2.1 の 2 番目の GA (Generally Available) バージョンで、MDAC 2.1.2.4202.3 (GA) として参照できます。また、MDAC 2.1.2.4202.3 (GA) のリリースはマイクロソフトのサポート技術情報の MDAC 2.1 SP2 に掲載されています。従来の MDAC 2.1 は SQL Sever 7.0 と共に出荷され、やや強化されたバージョンが IE 5.0 に同梱されていることを覚えておいてください。(これはドライバやプロバイダを持たない MDAC 2.1 です。) 次の MDAC 2.1.1.3711.11 (GA) が Web にリリースされました。いくつかの文書がこれを MDAC 2.1 SP1 として参照しています。最新のリリースは 2.1.2.4202.3 で、MDAC 2.1 スタックへのサービス パックです。今回のリリースによる、新しい機能はありません。上記のバージョン番号と一致する必要がある、msado15.dll のバージョン番号を参照してください。

MDAC のリリース、リリース固有の問題点、およびアップグレードの考え方に関するユーザーのご質問のお答えとして、MDAC チームはリリース固有の問題点とその詳細を説明した、リリースごとの開発項目を持っています。リリースの規約および項目の情報については項目の紹介をご覧ください。また、MDAC インストール FAQ をお読みください。MDAC のすべてのリリースおよび Data Access SDK はバージョン固有のリリース項目を含みます。現在の項目は MDAC 2.1.2.4202.3 (GA) のこのリリースに対するものです。

MDAC 2.1.2.4202.3 (GA) のダウンロード

Microsoft Data Access Components 2.1.1.3711.11 (GA)

MDAC 2.1.1.3711.11 (GA) のダウンロード

HOTFIX: Access ODBC キーセット カーソルは削除後に壊れた状態になります
このホットフィックスは Microsoft Data Access Components Versions 2.1 および 2.1 SP1 の問題点について説明しています。詳細は http://support.microsoft.com/support/kb/articles/q230/1/31.asp をご覧ください。この修正をインプリメントする前に、以下の自己展開 Zip ファイルに含まれている Readme ファイルを参照してください。

HOTFIX のダウンロード - 210KB


Component Checker

Component Checker ツールはインストールされたバージョンの情報を取得し、 Microsoft Data Access Components (MDAC) のインストール上の問題点を診断することを支援するように設計されています。Component Checker は以下のオペレーティング システムで実行できます: Microsoft Windows 95、Windows 98、Windows NT 4.0 および Windows 2000。32 ビットおよび 64 ビットのプラットフォームがサポートされています。Component Checker は MDAC 2.5 データを含むようにアップデートされています。

MDAC はたくさんのマイクロソフト製品にインストールされており、このページの後半のリンクを使用してアクセスできる再配布プログラム (mdac_typ.exe) を使用して再配布することが可能です。

Component Checker は次の作業を実行するカスタマイズ可能なツールです。

  • コンピュータに現在インストールされている MDAC を識別します。
  • 現在のインストールされている MDAC を識別したファイルについてのレポートを作成します。
  • .dll の競合を一覧し、指定された .dll を参照しているを識別した後で、現在インストールされている MDAC を削除します。

Component Checker ツールのダウンロード


ADO 関連ダウンロード

Visual Basic 5.0 用カスタム データ コントロールLeave MS Site
ISGData Control for ADO は ActiveX コントロールで、標準の Microsoft データ コントロールが ODBC データ ソースにアクセスを提供するのと同じ手段で、 ADO および OLEDB データ ソースに連結可能なコントロール アクセスを提供します。

ADO Visual C++ および Visual J++ コードの例
これらのコードの例では、ほとんどの ADO メソッドおよびプロパティの使用例を Microsoft Visual C++ および Microsoft Visual J++ を使って説明しています。これらの例は MDAC 2.1.2.4202.3 (GA) および Visual Studio Service Pack 3 でテストされています。これらのコード例のバージョンはこれから先にリリースされるバージョンの ADO ドキュメントに含まれる予定です。
ダウンロード:
Visual C++ のコード例 (英語版)
Visual J++ のコード例 (英語版)


サンプル ファイルのダウンロード

MSDN Duwamish Books のサンプル









Universal Data Access Web サイト、ADO セクション

Universal Data Access Web サイト、ADO セクションへようこそ

ADO は Microsoft の戦略で、あらゆるデータへのハイ レベルのインターフェイスです。ADO はアプリケーション、言語、または インターネット ブラウザのどの環境を使ってフロント エンド データベース クライアントや中間層のビジネス オブジェクトを作成しているかに関係なく、データへの一貫性のある高性能のアクセスを提供します。ADO は 1 から複数層のクライアント サーバーおよび Web ベースのデータ ドリブン ソリューションの開発に必要な唯一のデータ インターフェイスです。以下のリンクをクリックして、それぞれのサイトにアクセスしてください。

Remote Data Service (RDS) は ADO に含まれる多くの機能の一つです。RDS は Microsoft® Internet Explorer のような ActiveX® が使えるブラウザの中で、開発者がデータ集中型アプリケーションを作成できる新しい Web データ アクセスを提供します。

ADO の概要

ActiveXR Data Objects (ADO) プログラミング モデルは、最も優れた既存の Microsoft データ アクセス プログラミング モデルを表します。Data Access Objects (DAO) または Remote Data Objects (RDO) に馴染みのある方は、そのインターフェイスをすぐに理解し、それらを使用してすぐに作業を開始できます。モデルがかなり強化され、以前のモデルでは困難だった作業が ADO モデルでは解決されるか取り除かれていることにお気づきになるでしょう。 ADO オブジェクトは、あらゆる種類のデータ ソースにアクセスする場合の速さ、容易さ、および生産性に優れています。ADO モデルでは、共通の操作にショートカットを提供することにより価値を追加していると同時に、元になるデータ プロバイダが実行できることはすべて公開することを目的としています。 ADO は、あらゆる種類のデータに対して高度なインターフェイスを用意するマイクロソフトの戦略です。ADO は、アプリケーション、ツール、言語、またはインターネット ブラウザを使用してフロント エンド データベース クライアント、または中間層のビジネス オブジェクトのいずれを作成する場合でも、データへの一貫性のある高性能のアクセスを提供します。ADO は 1 階層から複数階層のクライアント サーバー、および Web ベースのデータ ドリブン ソリューションの開発時に知っておく必要のあるただ 1 つのデータ インターフェイスです。 ADO は、マイクロソフトの最新の、もっとも優れたデータ アクセス パラダイムである OLE DB への、使いやすいアプリケーション レベルのインターフェイスとして設計されています。OLE DB は、あらゆる種類のデータ ソースに高性能のアクセスを提供します。データ ソースには、リレーショナルおよび非リレーショナル データベース、電子メールとファイルシステム、テキストとグラフィックス、カスタム ビジネス オブジェクトなどが含まれます。ADO は、オーバーヘッドが少なく、主要なインターネットの使用例でネットワーク トラフィックが小さく、フロント エンドとデータ ソース間の層の数が最小になるように実装されます。つまり、軽量で高性能のインターフェイスを提供しています。ADO が使いやすいのは、現在販売されているほぼすべてのツールや言語から利用できる OLE オートメーション インターフェイスを使用して呼び出されるためです。ADO が、RDO と DAO の最善の機能を組み合わせるように設計されているので、現在の開発者が学習しやすいように、似た機能の意味を単純化して使用しています。その結果、最終的に ADO は RDO とDAO の後継となります。

ADO 技術情報・関連ドキュメント

ADO 技術情報

このサイトでお探しの項目が見つからない場合、またはさらにサポートが必要な方は、マイクロソフト サポート技術情報からヘルプを入手してください。


ADO 関連ドキュメント

MDAC SDK の ADO セクションにある、最新の Microsoft Data Access コンポーネントのドキュメントを参照してください。


ADO 技術情報

DAO から ADO への移植、および Jet Provider と組み合わせた ADO の使用
この文書は、一般的な Microsoft® Data Access Objects (DAO) プログラミング作業を、それと同等の働きをする Microsoft ActiveX® Data Objects (ADO) コードを使って実行するための説明書として構成されています。DAO と ADO オブジェクト、プロパティ、およびメソッド間での対応を説明します。また、似た名前のメソッドまたはプロパティで、機能的または意味の違いがあるものに焦点を当てて説明します。

ADO / WFC と JDBC
この文書では、SQL データに対する Java JDBC インターフェイスを、Microsoft Windows Foundation Classes (WFC) ActiveX® Data Objects (ADO) と比較し、さらに Microsoft Visual J++™ および WFC に同梱される COLE DB を基盤としたソリューションと比較します。特に、JDBC のオブジェクト モデル、プログラミング モデル、および機能を対応する ADO/WFC と比較しています。

さまざまな開発言語を使用した ADO の実装: ADO ロゼッタ ストーン (英語ドキュメント)
この文書はさまざまな言語で ADO を使用するための本質的な複雑性、およびそれらの言語内のメカニズムの実装について説明しています。

ADO 関連ダウンロード

Visual Basic 5.0 用カスタム データ コントロール ISGData Control for ADO は ActiveX コントロールで、標準の Microsoft データ コントロールが ODBC データ ソースにアクセスを提供するのと同じ手段で、 ADO および OLEDB データ ソースに連結可能なコントロール アクセスを提供します。 ADO Visual C++ および Visual J++ コードの例 これらのコードの例では、ほとんどの ADO メソッドおよびプロパティの使用例を Microsoft Visual C++ および Microsoft Visual J++ を使って説明しています。これらの例は MDAC 2.1.2.4202.3 (GA) および Visual Studio Service Pack 3 でテストされています。これらのコード例のバージョンはこれから先にリリースされるバージョンの ADO ドキュメントに含まれる予定です。 ダウンロード: Visual C++ のコード例 (英語版) Visual J++ のコード例 (英語版)












Universal Data Access、OLE DB セクション

OLE DB は、組織にまたがるデータに対するマイクロソフトの効果的低レベル インターフェイスです。OLE DB は、あらゆる種類のデータへのオープンで標準的なアクセスを提供する ODBC の成果を元に構築するために設計された、オープンな仕様です。

データ マイニングは、ユーザーのビジネス データの表示と、元になるパターンの取得の両方を実現するための高度で効果的な戦略です。データ マイニングの利点の応用するために、 マイクロソフトの OLE DB for Data Mining 仕様では単一の確立された API である OLE DB を使用して、データ マイニングにアクセスできるようにしています。ビジネス インテリジェンス分野の一流の専門家チームの支援と寄与により開発されたこの仕様は、既存のアプリケーションにデータ マイニング機能を高度にかつスケーラブルに埋め込む容易で手ごろな方法論を導入します。以下のリンクをクリックして、それぞれのサイトにアクセスしてください。

OLE DB for OLAP (オンライン分析処理) は、COM 環境で OLE DB を拡張します。OLAP アプリケーションは、さまざまな情報源に格納されたデータを、場所や種類とは無関係に均一的にアクセスできます。

OLE DB の概要

OLE DB は企業全体に存在するデータへのアクセスを目的とした、Microsoft の戦略的なシステム レベルのプログラミング インターフェイスです。OLE DB はオープンな仕様で、あらゆる種類のデータにアクセスするためのオープン標準を提供することを目標に掲げた ODBC の成功をベースに設計されました。ODBC はリレーショナル データベースへのアクセスを目的に設計されましたが、OLE DB はリレーショナルと非リレーショナルの両方の情報源を対象にしています。これには、メイン フレームの ISAM/VSAM および階層的データベース、電子メールとファイル システム ストア、テキスト、グラフィカル、および地理データ、カスタム ビジネス オブジェクトなどが含まれます。

OLE DB はさまざまなデータベース管理システム サービスをカプセル化した一連の COM インターフェイスを定義しています。これらのインターフェイスにより、この種のサービスを実装するソフトウェア コンポーネントの作成が可能になります。OLE DB コンポーネントは、データの蓄積と提供を行うデータ プロバイダ、データを使用するデータ コンシューマ、およびデータの加工とトランスポートを行うサービス コンポーネント (例:クエリ プロセッサやカーソル エンジン) から構成されます。OLE DB インターフェイスは、OLE DB コンポーネントのベンダが高品質の OLE DB コンポーネントを迅速に提供できるように、コンポーネントのスムーズな統合を念頭に置いて設計されています。さらに、OLE DB には ODBC へのブリッジが含まれており、今日存在する幅広い ODBC リレーショナル データベース ドライバも継続的にサポートされます。

OLE DB 技術情報・関連ドキュメント

OLE DB 技術情報

このサイトでお探しの項目が見つからない場合、またはさらにサポートが必要な方は、マイクロソフト サポート技術情報からヘルプを入手してください。


OLE DB 関連ドキュメント

MDAC SDK の OLE DB セクションにある、最新の Microsoft Data Access コンポーネントのドキュメントを参照してください。

OLE DB 技術情報

OLE DB の標準化: 適切なインターフェイスを選択
OLE DB は多様なデータ ストアに格納されているさまざまな種類のデータにアクセスするための、包括的なインターフェイス セットです。この文書は、OLE DB プロバイダおよびコンシューマに利用できる多種のインターフェイスについて説明しています。

OLE DB を使用した Universal Data Access
企業の開発ツールとしての OLE DB の総合的なご紹介です。







潟tクミ Fukumi Corporation
〒101-0032 東京都千代田区岩本町2−4−10共同ビル(岩本町2丁目) tel.03-5687-2890 fax.03-5687-2918 URL:www.fukumi.co.jp/  E-Mail: mm@fukumi.co.jp
Tips 目次へ戻る。
ホームへ戻る。
作成:2001.3.20 最終更新:2001.6.7 小菅博之